外国為替取引にも休みになる日はある?

外国為替取引は、24時間世界中のどこかで行われています。そのため、どんなライフスタイルの人でも自分の自由な時間に参加できるのが大きな特徴となっています。

ただし、窓口となる金融機関が休業となる土日や祝日には市場もお休みになるので、気をつけてください。

休日といっても、それぞれ国によって時差があります。

たとえば、外国為替市場の一日はニュージーランドのウェリントン市場から始まります。これが、日本時間の午前4時ごろです。その後、アジア、ヨーロッパと移動していきながら、最後はニューヨーク市場がクローズしたところで終わります。これが、日本時間で午前5時ごろとなります。

つまり、日本時間では月曜の早朝から土曜日の早朝までが、取引できる時間帯となっているわけです。実際に取引できる時間帯は、FX業者によっても異なるのでチェックしておきましょう。

休日の間に経済的なニュース、あるいは事故、天災など大きな出来事があると、月曜日にウェリントン市場がオープンしたとたんに大きく値動きすることもあります。そのため、重要な発表は休日前に行われたり、投資家もポジションを整理しておくことが多いので、この点にも注意しておかなければいけません。

また、土日以外に気をつけておかなければいけないのが祝日です。

祝日は、各国によってさまざまです。ですから、たとえ日本が祝日で市場がお休みだとしても、それ以外の国では市場が開かれているので、取引自体ができないということはありません。これは、ほかの国の祝日にも同じことがいえます。

とはいえ、祝日になっている市場では参加者が少なくなってしまうので、その影響を無視するわけにはいきません。

たとえばアメリカが祝日になると、ニューヨーク市場の参加者が大きく減ってしまうため、いつものように相場が動かないといったことも起こります。

また、先ほども言ったように、休日に入る前にはポジションを整理する投資家が多いので、日本ではただの平日でも突然大きな値動きが起こることもありえます。

値動き以外にも、参加者が減るということは、それだけスプレッドも広がりやすくなるという点も注意が必要です。

そのため、FX取引を行うときにはかならず世界各国の祝日もチェックしておくようにしましょう。それぞれのFX業者にカレンダーなどのサービスが用意されているので、ぜひそちらに目を通しておいてください。