外国為替取引はどの時間帯に取引できるのか?

株取引では、たとえば東京証券取引所であれば午前9時~11時30分、午後12時30分から15時までといったように取引の時間帯が決められています。

一方、外国為替取引には東京証券取引所のような実際の場所はありません。外国為替取引は、電話やインターネットを通じて、世界中のどこかで24時間行われています。

ニュースなどでよく報道される「東京外国為替市場」などというのは、じつは単にその国でおもに取引される時間帯のことを指しているだけなのです。

つまり、金融機関が休業となる土日祝日を除けば、FX取引には時間帯の制限はいっさいないのです。

この点が、平日にはなかなか時間を取りにくいサラリーマンでも、気軽に参加しやすいポイントとなっています。

ただし、24時間取引されているからといって、つねに同じように市場が動いているわけではありません。それぞれの国で取引が活発になる時間帯があり、市場にもさまざまな特徴が出てきます。

その動きを、日本時間に合わせて見ていきましょう。

まず、もっとも早くオープンするのが、日本時間の早朝となる、ニュージーランドのウェリントンやオーストラリアのシドニーのオセアニア市場です。この時間帯には市場参加者も少なく、あまり値動きもありません。

少し遅れて朝から夕方までは、東京やシンガポールのアジア市場が中心となります。ここから市場参加者も増えてくるので、値動きもしやすくなります。ただし、その動きはあまり大きいものではありません。

夕方から深夜には、ドイツのフランクフルトやフランスのパリ、スイスのチューリッヒといったヨーロッパ市場になります。その中心は何といってもイギリスのロンドン市場で、その取引量は世界最大となっています。この時間帯には、ユーロやポンドを中心に大きく相場が動きはじめます。

そして最後にオープンするのが、夜から翌早朝までのニューヨーク市場です。ロンドン市場と時間帯も重なるので、値動きはとても大きくなります。相場に大きな影響をあたえるアメリカの経済指標が発表されることもあるので、急激な変動も起こりやすくなります。

アジア市場以外は4~10月ごろにサマータイムとなるので、1時間ずつ繰り上がることになります。

このように、それぞれの時間帯の特徴を頭に入れておけば、より効率的な取引をすることができるようになります。投資家といってもライフスタイルはさまざまなので、自分に合った戦略を探していくようにしましょう。