為替取引にかかる手数料とは

せっかくFX=外国為替取引をして利益をあげても、それ以上に余計なコストがかかってしまえば意味がありません。そうならないためには、為替取引にかかる費用、例えば取引手数料など、どんな費用が必要になってくるのかをまず考えてみる必要があります。


FX取引をするにあたり必要になるコスト

まずは取引を行うための売買手数料がありますね。そしてFX専用口座を開きその口座を維持するための費用があります。最後にスプレッドと呼ばれる通貨の買値と売値の価格差があげられますが、このスプレッドについてはFXを取り扱う会社によって違いがあるのでよく検討するべき項目となります。


特に気にしなくてもよい手数料とは

私たちがよく利用する銀行口座と同様に、FXの口座に関しても最近では維持費用というのは特にかからなくなっています。FX会社では口座維持費用について無料としているので気にしなくても問題はありません。


取引の売買手数料もほぼ無料

外貨を売買する際に必要となる手数料、こちらも最近では多くのFX会社が無料化しています。稀に手数料を徴収する会社もあるので一応チェックするようにした方が良いでしょう。特に短期取引を相当な数を繰り返すような人の場合、僅かな手数料だったとしてもちりも積もればコスト大になってしまうので注意は必要です。


実質の手数料はスプレッド!

ではどうやってFX会社が儲けを出しているのかといえば、スプレッドが実質の手数料としてFX会社に支払われているのです。そもそもスプレッドとは幅、広がりといった意味を持っています。買値と売値の幅、というわけですね。この幅が小さければ小さいほど手数料コストが低くなるということです。
具体的な例を出すとすれば、スプレッドが2銭のA社、0.5銭のB社があったとします。それぞれ10000通貨単位の外貨を買うとするとA社では10000通貨の取引に200円の手数料がかかることになりますが、B社では50円で済むわけです。特に複数回のFX取引を行うタイプの人なら、このスプレッドは非常に大事な部分となるのではないでしょうか。いくら売買手数料が0だとしても、スプレッドによって取引コストがかさんでしまうのでは、せっかくの利益も半減してしまいます。こう考えるとスプレッド幅はFX会社を決める大きな選択ポイントとなりますね。

実際の手数料となるスプレッド幅については、FX会社の企業努力や、通貨ペアの組み合わせ方によっても大きく異なる場合があります。よく検討して確認することをお勧めします。