外国為替取引の入門編はまず少額取引から

FX取引は、自分の好きなFX業者に口座を開設すれば、誰でも簡単に始めることができます。難しい手続きや厳しい審査はほとんどありません。口座の開設自体はほとんどの業者で無料なので、興味を持った人はさっそく手続きしてみましょう。

そこで実際に取引をするときに気をつけてほしいのが、まずは少額取引から始めてみるという点です。

FX取引は、多くの業者で取引単位が1万通貨単位となっています。つまり、米ドルであれば1万ドルから取引することができるわけです。1ドル=100円とすると100万円となるので、かなりハードルが高いように思えるかもしれません。

しかし、FXの特徴の大きなひとつにレバレッジがあります。

レバレッジをかけることで、実際の資金よりも大きな金額の取引をすることができるようになります。たとえば、1,000ドルを取引するのであれば、25倍のレバレッジをかけることで10万円の25分の1、わずか4,000円からでも始めることができてしまうわけです。

ただし、レバレッジはチャンスを増やすと同時に、リスクも増えるシステムです。利益も損失も、同じように25倍になることを忘れてはいけません。資金を上回る、大きなマイナスとなることもあるのです。

ですから、まだ取引に慣れていないうちは、いくらレバレッジがかけられるといっても、あまり大きな金額で取引するのはやめておいたほうがよいでしょう。

では、初心者はまずどのような取引から始めればよいのでしょうか。

最近では、取引単位が1,000通貨単位から始められるというところも増えてきました。こちらであれば、わずか10万円からでも取引を始めることができます。

もちろん、先ほどのようにレバレッジをかけて4,000円から始めてもかまいません。それくらいの資金であれば、ほとんどお小遣い感覚なのでよりハードルも低くなるでしょう。ただし、損失が大きくなることもありうるので、実際の取引額となる10万円の数倍以上の資金は用意しておいたほうが無難です。

いずれにしても、初心者はレバレッジを大きくかけられるよりも、より少ない通貨単位で取引できるFX業者を選ぶのがおすすめです。

また、初心者にぜひ利用してほしいのが、各社で用意されているデモトレードです。こちらではお金を使わずに、実際の市場に参加して取引をシミュレーションすることができます。まずはデモトレードで慣れておけば、よりスムーズに始めることができるでしょう。

ただし、あくまでシミュレーションはシミュレーションです。心理的な違いなども大きいので、実際に始めるときはかならず少額取引からということは忘れないでください。