外国為替取引とはどのような投資なのか?

投資の世界で、FXという言葉を聞く機会が増えてきました。

そもそも、FXというのはどういう意味なのでしょうか。これは、「Foreign exchange」の略です。つまり、外国の通貨と交換するということです。

FX取引の経験がなくても、海外旅行のさいに円を外貨に両替したことがあるという人はけっこういるのではないでしょうか。

たとえば、1ドル=100円とすると、10万円を1,000ドルに両替することができます。このとき、レートが動いて1ドル=105円になったとするとどうなるでしょうか?ふたたび円に両替すると10万5,000円となって5,000円分多くなりますよね。もちろん、1ドル=95円に下がった場合は5,000円分少なくなってしまいます。

このようにして、通貨を交換することで差額によって利益を出そうとするのがFX取引なのです。

といっても、これだけでは両替とあまり変わりありません。FX取引のもうひとつの大きな特徴は、証拠金取引であるということです。

証拠金というのは、つまり担保だと考えてください。先ほどの例であれば、1,000ドルを取引するには10万円の資金が必要です。しかし、証拠金取引では4,000円を担保にすることで、たとえば25倍の1,000ドルを取引できるようになるのです。

このようなシステムのことを、レバレッジといいます。レバレッジは「テコ」という意味です。つまり、テコの原理のように小さな資金でより大きな金額の取引ができるわけです。倍率はFX業者によって異なりますが、海外では800倍といった大きなレバレッジをかけることができるところもあります。

レバレッジによって、利益もその分だけプラスを増やすことができます。ただし、損失が出たときにはマイナスも同じように大きくなるということを忘れてはいけません。

FX取引では、米ドルと円以外にも、ユーロやポンド、豪ドル、スイスフラン、南アフリカランドやトルコリラといった世界各国の通貨を取引することができます。

このような通貨を2つ一組にして、米ドル/円というように通貨ペアで売買するのが基本です。円を米ドルに交換するときには「米ドル/円を買う」、米ドルを円に交換するときには「米ドル/円を売る」というように、先に表示されている通貨を基準に考えます。

これらの国々の経済状況などからレートの動きを読んでいけば、よりうまく利益を上げることもできるようになります。